未分類

コレコレにNHKから出演依頼、断った理由は被害者のため

コレコレのテレビ出演に関する記事のロゴ未分類

「待っているなら沸かすぜリスナー!」のキャッチフレーズの元、ネットや世間の闇を視聴者投稿も参考にしながら解決していくことで人気YouTuberのコレコレさん。今やチャンネル登録者数は180万人を超える彼にNHKからTV出演の依頼があったことを、6月7日のYouTube配信で明らかにした。

コレコレにNHKから「番組作らないか」と依頼が!

2022年6月10日に配信したYouTubeの冒頭でNHKから出演依頼があったと明かしたコレコレさん。「番組作らないか」とのお声がけがあったそうだが、実は詳細は「クローズアップ現代に出演しないか」というものだったそうだ。

クローズアップ現代といえば、NHKが放送している30分のドキュメンタリー番組。最近では、”オミクロン株の後遺症”問題から、とある作家の密着、食と幸福論など政治経済から医療、身近な生活に関することまで内容は多岐にわたっている。

NHKとしては、なぜ未成年の被害者は親でも警察でもなくコレコレさんに相談するのか?という内容で番組を制作したかったとのことであるが、可能であれば事件の被害者に取材したいとの要望もあったそうだ。

これに対しコレコレさんは、”しょーもない”と話し出演依頼を断った。自分一人なら出演してもよいが、被害者の立場に立ったら今更事件の内容など言いたくない、テレビなど出たくはないはずと語りはっきりと配信内で出ないことを断言。

コレコレさんの言うように、被害者なら過去の話を蒸し返してほしくないはずである。NHKは犯罪被害者を出演させてまで視聴率を高めたかったのかと、失望しかない。NHKの必死さがうかがえるが、要望していた被害者の中には未成年で性被害にあっている者もおり、さすがに問題ではないか。

一方、出演依頼を被害者の立場に立って断ったコレコレさんには”らしさ”を感じる。クローズアップ現代に出演しているコレコレさんを見てみたかった気はするが、テレビ出演で名を広げることができたであろう機会もあっさりと断るコレコレさんもかっこいい!

【過去のTV出演】
・好きか嫌いか言う時間(2017年5月、TBSテレビ)
・ハルカウエノセカイ(2018年12月、TOKYOX)
・サン・ジェルマン伯爵は知っている(2019年4月、テレビ朝日)
・マツコの知らない世界(2020年6月、TBSテレビ)
・グッド!モーニング(2021年1月、テレビ朝日)
・バイキング(2021年1月、フジテレビ)

その他、映画やドラマ出演の過去もあり。

【コレコレ】
1989年8月12日生まれ。広島県出身。
2009年7月3日、ニコニコ動画で放送開始。
2014年12月1日YouTubeチャンネル開設。コレコレチャンネル登録者数183万人(2022年6月現在)
待っているなら沸かすぜリスナー!がキャッチフレーズ。
トークから音楽プロデュース、書籍出版まで活躍は多岐にわたる。
ちょっと!

コメント

タイトルとURLをコピーしました