グルメ地元グルメ

「よう治」のフルーツサンドを守谷店で購入したレビュー!口コミも調査!!

よう治フルーツサンドレヴュー記事のロゴグルメ
ぺこ
ぺこ

昨今の生食パンブーム、なかなか衰えないですね!

パンで生クリームとフルーツをはさんだフルーツサンドはコンビニをはじめ、あちこちで販売しているのを見かけます。

この2つのコラボ商品、生食パンで生クリームとフルーツをはさんだフルーツサンドが北関東でよくみかける坂東太郎グループより発売されているそうです

ぺこ
ぺこ

生食パンのフルーツサンド、美味しくないわけがないですが、どんな感じなのか気になりますよね!

ということで今回は、以前より気になっていた「高級食パン専門店 よう治」のフルーツサンドを食べてみた感想などを記事にしています。

ご購入の際の参考になれば幸いです。

>>プレゼントにもおすすめ!パッケージからかわいい「よう治」のプリンって?

「よう治」のフルーツサンドとは?

「ばんどう太郎」グループは、茨城・栃木・埼玉・群馬・千葉に店舗を和食やカフェ、焼き肉屋などを展開している外食チェーンです。

この近くに住まいをかまえる方は、家族で訪れたという方も多いのではないでしょうか?

ばんどう太郎グループ公式ホームページ

そんな「ばんどう太郎」グループが運営している業態の1つに「高級食パン専門店 よう治」があります。

オープンしてまだまもない「よう治」は茨城県内に現在3店舗(水戸店、堺店、守谷店)、栃木県に1店舗(小山店)あり、生食パンやフルーツサンドブームに一役買っているようです。

「高級食パン専門店 よう治」のメインのパンは以下の2種類です。

  • プレミアム生食パン
    北海道産の牛乳と生クリームを使用。
    はちみつが入っており、深み甘みのあるそのまま食べて美味しいパン。
  • 山型食パン
    トースト向けに作られており、グレープシードオイルではぎれのよい味になっている。
よう治の生食パンのメニューパンフレット画像

この他にあずきが練りこまれたパン、コーンが入っているパン、チョコが練りこまれたパン、ベーコン&チーズのパンなど、生食パンにもたくさん種類があり、初めて行かれる方は迷ってしまいそうです。

そして、このうちプレミアム生食パンを使用して作られたのが「よう治」のフルーツサンドです。

よう治の詳細が分かる公式ページはこちら

「よう治」の小麦粉なら期待できる!

ぺこ
ぺこ

グループ会社の「ばんどう太郎は、家族とよく利用するなじみのあるお店です。

「よう治」の生食パンについて簡単に説明しましたが、幼い頃から家族でばんどう太郎を利用している私にとっては、新しくできたとはいえ「よう治」もとても親近感を感じるお店です。

ばんどう太郎グループの名物料理といえば、「鍋焼きうどん」。熱々のお鍋から立ち上る湯気をふぅーふぅーと冷ましながら鍋焼きうどんを食べる光景が冬は店内のあちこちで見かけます。そんな鍋焼きうどんが美味しいばんどう太郎グループで、同じ小麦粉から作られる生食パンはやっぱり美味しいです。

今回フルーツサンドに使用しているのは、「プレミアム生食パン」。甘すぎないけれど、甘味を感じる生食パンは、きっとフルーツサンドにも合うのでしょう。そう期待を膨らませながら、今回はフルーツサンドをいただきました。

「よう治」守谷店 店舗情報

高級食パン専門店よう治 守谷店
営業時間 :10:00~17:00(売切次第終了)
定休日  :なし
電話番号 :0297-46-4161
住所   :茨城県守谷市鈴塚294(ステーキハウス幌馬車守谷店内設)
駐車場  :あり

「よう治」 守谷店 でフルーツサンドを購入!

生食パンはオンライン上でも購入可能なのですが、さすがにフルーツサンドは店頭販売のみとのこと。

今回は茨城県守谷市のジョイフル本田さんから程近くの「高級食パン専門店 守谷店」でフルーツサンドを購入しました!

こちらは同じ敷地内にばんどう太郎グループが運営する「ステーキハウス 幌馬車」も入っているため、小さなパン屋とは違って目にとまりやすくなっています。

よう治守谷店の外観の画像

「ステーキハウス 幌馬車」の店内入り口のすぐ左手前にあるのが「よう治」のお店です。

(写真の門構えの表示は右ですが・・・)

ぺこ
ぺこ

お隣の「ステーキハウス幌馬車」では、よう治のパンが食べられますよ!

生食パンの販売がメインのため、フルーツサンドは一番奥の冷蔵ケースにこじんまりと置かれていました。

「よう治」フルーツサンドのメニューと値段

きちんとしたメニュー表記はホームページからは見つかりませんでしたが、口コミや私が訪れたときの内容から以下の種類などがあるようです。

値段については、分かるもののみ記載しています。

  • いちご ¥594(税込)
  • みかん ¥486(税込)
  • キウイ
  • メロン ¥648(税込)
  • フルーツMIX ¥518(税込)
  • マンゴー 
  • シャインマスカット
  • あずき ¥410(税込)

これらは、季節によって使う食材が違うようなので注意してくださいね。

お店では、クレジットカードもQRコード決済も利用できます。小さなお店でこのように決済方法が多数あるのは助かりますね。

フルーツサンドは電話予約も可能です。それほど多く作ってはいないようでしたので、行く前に電話で確認をしてもいいかもしれません。

そして、私が購入したのはこちらの3つです。

よう治守谷店で購入したフルーツサンド

左からシャインマスカットサンド、あずきクリームサンド、フルーツMIXサンドです。

私が訪れた10月の平日の12時には残りも少なく、求めていたミックスは最後の1つとなっていました。

ぺこ
ぺこ

やっぱり、ミックスは人気のようですね。

値段は400円台~800円台までとなるため、普段使いには少しお高いかなという印象です。とはいえ、フルーツサンドって高いですよね。いちごのフルーツサンドを他店で見かけた際には税込み700円超えでした。いちごや生クリームのボリューム感は同じくらいに見えたので、決して高い価格ではないかもしれません。

テイクアウトの際はこのようなしっかりした箱に入れてくださったので、持ち運びは安心です。

特に何も聞かれず、私も声をかけなかったのですが保冷剤はありませんでした。(後日訪れた際は、聞いてくださいました)

よう治守谷店でフルーツサンドを購入した際のテイクアウトボックス

「よう治」フルーツサンドを食べた感想

フルーツサンドの厚みは4~6㎝ほどあり、ボリューム感満点です。

まずは【フルーツMIXサンド】です。

キウイがごろッと半分入っていました。オレンジは酸味が少なくクリームとの相性もばっちりで、あっというまに食べてしまいました。

そして、 【シャインマスカットサンド】です。

これは間違いない味ですね。中のマスカットだけでも美味しいですが、生クリームと一緒に食べると最高です。

ありがたいことにフルーツサンドの断面となる部分だけではなく、中までシャインマスカットが入っていました。フルーツが最後まで堪能できます。

よう治守谷店のシャシンマスカットサンドの断面
シャインマスカットサンドをさらに半分にカットした写真

最後は【あずき】です。

あんこ大好きな私はついつい購入してしまったあずきのクリームサンド。あんこはつぶあんのためパン全体の触感のよいアクセントになっています。他のフルーツサンドを食べた後だからなのか、少し甘すぎかなという印象でした。

計3種類食べてみましたが、生クリームは程よい甘さでパンの塩気が引き立ち、そこへフルーツやあずきの味が合わさって美味しさを引きたてていました。

以前、プレミアム食パンを食べた時は甘いと感じましたが、今回フルーツサンドとして味わうとパンもまた違った印象でした。

追記:いちごの季節に再び購入!

美味しかった「よう治」のフルーツサンドが食べたくなり、また購入いたしました。いちごの旬は終わりつつある5月でしたが、よう治の店内にはいちごを使用したフルーツサンドが多数並んでいました。

5月のよう治守谷店のフルーツサンドメニュー

写真の通りいちごづくしです。いちごサンドに、いちごとオレンジやいちごとキウイのサンド、そしてミックスサンドとあずきをのぞき、フルーツ系サンドにはすべていちごが使用されていました。いちご好きにはたまらないですね。

そして、今回購入したのは、いちごサンド(税込594円)いちご&オレンジサンド(税込518円)です。

よう治守谷店のいちごサンドといちご&オレンジサンド

今回手にのせてみましたが、大きさはこのくらいです。女性の手の平に目いっぱい広がるくらいに大きいです。

よう治のフルーツサンド大きさイメージ画像

食べてみると、いちごはやはり間違いない美味しさですね。生クリームの甘さとパンの塩気も絶妙です。そして、いちごの酸味が甘さを抑えて、とても良いバランスです。パンの塩気があり、ケーキよりもフルーツサンドのほうが好きと言う方もいるようですよね。

いちご&オレンジは、ミックスなだけあってより味を楽しめますが、いちごに比べると少し食べにくいです。オレンジが大きい分、うまく口に入れることができないと中身がパンから飛び出てしまい、見た目が汚くなってしまうので食べる際は注意が必要です。

ちなみにいちご&オレンジは、持ったときに明らかにいちごサンドと重さが違い、ずっしりと感じました。測ってはいませんが、見える部分だけでなくサンドされた中にも半身のオレンジが入っていて丸1個分使用していたようです。贅沢なボリュームですね。

また、フルーツサンドはパンの耳を使用しないものもあるかと思いますが、「よう治」のフルーツサンドは耳まで使用していました。よって、食べ応えはさらにあるかもしれません。

テラス席で食べることもできます

「よう治」守谷店のテラス席

今回購入した守谷店は、お店の外にテラス席もあります。

お店そのものは、交通量のそれなりにある道路の通り沿いなのですが、駐車場を挟んで少し中に位置し、木々なども植わってちょっとした庭園として整備されています。そのため、お天気の良い日は外の空気を吸いながら食べるのも良さそうですね。

屋根はないのですが、パラソルは設置されておりました。日差しが強くても場所を調整しながら座れば問題なさそうです。

「よう治」フルーツサンドの口コミ

どの方も美味しいとツイートしており、お味に関して悪いというツイートは見つかりませんでした。

値段については少し高いというコメントがありましたが・・・

「よう治」フルーツサンドのレビュー!口コミも高評価!

ばんどう太郎グループの「よう治」では、プレミアム生食パンを使用したフルーツサンドが数種売られていました。

お値段は少し高めですが、ボリューム感たっぷりで口コミからも味は高評価でした!

インスタ映えも間違いなしの「よう治」のフルーツサンドは、甘いもの好きの方への差し入れやおみやげにも喜ばれるのではないでしょうか。

販売数量は少ないので、お目当てのものを絶対購入したいという方は事前に電話したほうがよいかもしれません。

メニューはシーズンなどによって異なるようなので注意してくださいね。

ばんどう太郎グループのカフェもよかったのでぜひ行ってみてくださいね。(フルーツサンドがあるのかは分からないのですが)

コメント

タイトルとURLをコピーしました