グルメ地元グルメ

高級食パン専門店「よう治」のプリンの値段や賞味期限は?口コミも紹介

よう治プリンのタイトル画像グルメ

北関東を中心に出店している坂東太郎グループが運営している高級食パン専門店「よう治」では食パンだけでなくプリンも販売しているそうですね。

このプリンがおしゃれなパッケージで差し入れなどにもよさそうなかわいい見た目をしているんです!

ぺこ
ぺこ

とっても気になったので購入してみました!

また、お味の他、値段や賞味期限なども何かのお役に立てばと思いまとめていますので、よろしければ参考にしてみてくださいね。

>>生食パンとの相性抜群!「よう治」のフルーツサンドが絶品

高級食パン専門店「よう治」のプリンの値段や賞味期限は?

店頭(よう治守谷店)ではこちらの冷蔵ケースで販売していました

「よう治」のプリンはフルーツサンドの下に健気にちょこんと並んでいました。

「よう治」のプリンの値段

値段:350円(税込)

量は記載がありませんでしたが、一般的なプリンの瓶の大きさです。

スーパーで売られているものと比較してしまうと少しお高いですが、洋菓子店などのプリンと比べると一般的なお値段かなと思います。

「よう治」のプリンの賞味期限はいつまで?

賞味期限:購入日より7日程

賞味期限が1週間程もつのはありがたいです。

1週間あれば、手土産やプレゼントとしても喜ばれやすいですね。

「よう治」のプリンの糖質やカロリー

栄養成分表示(1個当たりの推定値)
カロリー195kcal
たんぱく質3.4g
脂質17g
炭水化物6.8g
食塩相当量0.2g
↑バニラ・ミルク味ともに同じ

ふと栄養成分表示をみたらびっくり。

糖質が少ない!(全く気にならない方は飛ばして読んでください)

なんと、1個当たり6.8gです。(表記は糖質ではなく、炭水化物だったので実際の糖質量とは異なる可能性があります)

例えば市販のプッチンプリンの糖質(炭水化物)は3連パックの1個(67g)ですら糖質12gあります。

そして、メイトーなめらかプリンの糖質(炭水化物)も15gでした。

それらと比べると、「よう治」のプリンは断然糖質が少ないんです。

たかが6.8g、されど6.8g。

ダイエット中でも甘いものを少しだけ食べたいという方にとって、1個6.8gでプリンを食べることが大きいのではないでしょうか。

体重を気にされている方へのプレゼントにももしかしたら”アリ”かもしれませんね。

コンビニなどでは、糖質10g以下の商品を「低糖質」として扱っている場合も多くみられます。

※本来は、糖質=炭水化物ー食物繊維ですがプッチンプリンとなめらかプリンは炭水化物のみの表記でした。プリンなので、食物繊維は少ないと思われるので、糖質量と炭水化物量はほとんど変わらないと考えられます。

高級食パン専門店「よう治」のプリンのお味や口コミは?

よう治の極プリンの正面画像

今回2個購入したところ、紙袋でのお渡しでした。

スプーンもお願いすると、入れてくれるのでそのまま外出先食べることもできますね。

保冷剤も無料で付けていただきました。

やはりかわいらしいパッケージですね!

よう治の極プリンの蓋
蓋の部分も、味によって異なるようです

差し入れなどにいいかなと思い気になっていた「よう治」のプリン、商品名は『とろっと極プリン ミルク』(左)と『とろっと極プリン バニラ』(右)というそうです。

「よう治」のプリンを実際に食べてみた感想

外からも色の違いを感じていましたが、蓋を開けるとこのような感じです。

よう治の極プリンの中身の画像

左のミルクは白、右のバニラはいつものプリンのやさしい黄色!

この色の違い、お店の方にお聞きしたら使用している卵が違うそうです

卵の色の違いが見た目にもこれだけ表れていました。

ちなみに原材料名のところをみても、載っている材料と順番は全く同じでした。

そうなると、味の違いが気になりますね。

では早速食べてみます!!

まずはミルクから・・・

名前の通りなめらかタイプのプリンです、口の中でほどよく溶けていきます。

そして何より美味しい!!

プリンというか、濃厚なミルクソフトクリームを食べている感覚に近いかもしれません。

カラメルが混ざって、プリンの味になったように感じました。

いわゆる市販の牛乳プリンなどとは全然違います。

そして、バニラ味も!

こちらもなめらか。スプーンの入り具合や口当たりはミルクと一緒です。

お味はこちらも間違いなしの美味しさ!!

それもそのはず北海道産の高級生クリームを使っているそうです。

贅沢ななめらかプリンです。

味はミルクとバニラでかなり違いました。

そういえば糖質量は控えめでしたが、甘さはしっかりありましたよ。

そしてこちらのプリンですが、使用している塩もこだわっているようです。

使っているのは、「龍神の鹽」というお塩。

「龍神の鹽」
山口県周防大島の海水を利用したミネラルたっぷりのお塩で、素材の味を引き立てることを目指し作られたとのこと。

どうりで上品な味に仕上がっていたというわけです。

あとからとってつけたような言葉になってしまいましたが、それだけ美味しかったです。

「よう治」のプリンの口コミは?

口コミはそれほどありませんでした。

まだあまり知られていないのでしょうか。

私はとても美味しいと思ったのですが。

見つけたコメントはやはり美味しいと感じられたようですね!

プリンと一緒にジャムの手土産もあり!

よう治守谷店のジャム売り場

よう治守谷店の店頭ではフルーツのジャムも販売されていました。よう治のプリンがギフトに最適とのお話をしたのですが、店頭にあったジャムもギフトにぴったりではないかと思いました

自宅用に日頃購入するジャムってなかなか高価なものは買えないですよね。でも、朝食とともに食べるジャムが美味しいものであったり、見た目が素敵なものであったら、ジャムを食べたその日1日がとても気分がいいです。

そういった意味で、日頃購入しないような質のいいジャムや見た目の可愛いジャムはギフトや手土産に向いています。よう治の店頭にあった「ミックスフルーティー」ジャム(写真一番右側)は大きくカットされた桃などのフルーツがたっぷり入って見た目が華やかな1品です

「ミックスフルーティー」」ジャムをパンを食べる方へのプレゼントに渡したら喜ばれること間違いなし。ご自宅へお伺いの際はプリンはその場で食べて、ジャムは「後でゆっくり食べてね!」と2つのシーンへのプレゼントが用意されていたらとても喜ばれることでしょう。

高級食パン専門店「よう治」のプリンはプレゼントにおすすめ!

「よう治」のプリンは値段350円と安くはないです。

ただ、卵から塩までこだわりの素材を使って作った、とても美味しいお味なので納得の値段ではないかとおもいます。

パッケージもとてもかわいい「よう治」の「とろっと極プリン」は差し入れやお土産などにオススメです。

賞味期限も1週間程あるので、送られた方もご自身のタイミングでゆっくり食べることができます。

ぜひ食べてみてくださいね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました